1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 事業について

事業について

クオールグループ事業全体像

クオールグループは、「調剤事業」と「BPO※1事業」の2つの事業で構成されており、それぞれの領域において医療や健康を支える事業に取り組んでいます。各事業の相乗効果を最大限発揮し、グループ全体の総合力でヘルスケア分野の発展に貢献しています。

  • ※1BPO(Business Process Outsourcing:業務プロセスの一部を継続的に外部の専門的な企業に委託すること)
  • ※2CSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務受託機関)
  • ※3CRO(Contract Research Organization:医薬品開発業務受託機関)

調剤事業

1992年の創業以来、医療機関と1対1の信頼関係に基づくマンツーマン出店を基本として、北海道から沖縄まで日本全国に調剤薬局展開しています。マンツーマン薬局は、医療機関との連携を確立することにより、安心・安全な医療を提供することができ、地域や処方元医療機関の特性に合わせることができます。地域に必要とされるかかりつけ薬局として、質の高い医療と健康サポート機能を備えた薬局を拡充しています。

BPO事業

BPO事業とは、製薬企業等の研究開発から販売までの業務プロセスを外部企業であるクオールグループが受託するサービスで、営業支援(CSO事業)、治験支援(CRO事業)、広告宣伝の3つの業務プロセスを受託しております。制度に依存しないBPO事業の拡大により調剤事業との事業ポートフォリオ最適化を図っています。

CSO事業

製薬企業との契約により営業・マーケティング活動を受託または代行し、医薬品の販売活動に関わる一連のサービスを提供しているほか、薬剤師、看護師、登録販売者、管理栄養士等の派遣紹介を行っています。

CRO事業

医薬品・食品の臨床試験支援サービスを行っています。試験実施計画の立案からモニタリング、事務局支援、統計解析、学会論文発表まで全工程のサポートやモニター及び品質管理者の技術者派遣サービスを行っています。

出版関連事業

医薬品の販売促進や、適正使用をお知らせする医療機関向けのパンフレットやホームページ、医療関係者や患者さま向けの医療情報書籍・雑誌の受託・制作を行っています。変化とニーズを的確に捉え、患者さま・医療従事者の双方をサポートします。