1. ホーム
  2. ESG/CSR
  3. クオールグループのESG/CSR
  4. 安心・安全への取り組み

安心・安全への取り組み

危機管理の取り組み

感染症対策

地域のみなさまが安心で健康な生活が過ごせるよう、薬局利用者やそのご家族をウィルスや感染症から守る、薬局利用時における感染対策に細心の注意を払っております。

感染症ルームの設置で、感染源との接触を限りなく回避することができます。

処方せん送信アプリの活用で、薬局滞在時間を最短化することができます。

オゾン除菌脱臭器AIR BUSTER(右はクオール薬局恵比寿店) オゾンガスを発生させる機器を店舗内に設置し、薬局内の空気をクリーンに保っています。
オゾンが空気中のウイルスを消滅させることで、感染症リスクの低減が期待できます。

災害対策への取り組み

医薬品・食糧、エネルギー備蓄対策

災害の起きやすい地域における医療継続を意識して、地域のみなさまに安心して医療を受けていただける環境を整えた薬局づくりに注力しております。地下備蓄倉庫には、約2か月分の薬剤を備蓄。一部の薬剤は冷蔵保存が必要となることから、蓄電システムや太陽電池から災害時にも必要な電力が供給できるように設計されています。

クオール薬局加西店の災害用備蓄倉庫。災害発生時に医薬品などの安定供給に貢献します。

非常時には薬局内の電気使用の約半分を賄える自家発電機を設置しています。

災害時の通信拠点としての地域のWi-Fiスポット

災害発生時において、全国のクオール薬局が地域通信インフラの1拠点としての機能を担うことを想定しています。クオール薬局を取り巻く地域住民の皆様がどなたでも利用できるよう、災害時にはWi-Fiスポットとして薬局内を開放します。

超高齢社会における対応

日本や先進国を中心に急速な高齢化が進む中、医療・健康においての社会的責任を果たし、いつまでも自分らしく生活できる環境をサポートしてまいります。

介護医療・在宅医療サポート

医療機関と薬局1対1の関係で共通の患者さまに対応できる利点を最大限に活かし、地域の皆様の身近なかかりつけ薬剤師として、医師とともに同行し訪問服薬指導に取り組んでおります。

健康維持に役立つ情報をお届けする”健康便り”の発行

新型コロナウイルス感染防止のため外出の自粛が求められるなか、 高齢者がデイサービスやリハビリのために病院等に行けなくなることで筋力等が低下し、転倒等のリスクが高まることが懸念されます。

食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの生活を営む上で不可欠な基本的行動に支障が出ることは、QOLの低下にもつながります。当社では、外出が困難な患者さまやそのご家族の健康維持をサポートするため、薬剤師が作成する”健康便り”を全国の薬局及び在宅訪問の際にお配りしています。

≪これまでに取り扱ったテーマ(抜粋)≫
  • 新聞紙や雑誌で簡単健康
  • 毛細血管の健康法
  • 転倒予防
  • マスクの基礎知識
  • 電話・オンラインでも診療
  • コロナ万が一のため今できる事前準備
  • 免疫力を高めるために腸内環境を整える食材と習慣 等

このように、みなさまの安心・安全に役立つ情報を随時発信しています。

薬局から安全に患者さまのお住まいに届けるため、輸液や注射液などを無菌状態で混注が出来る設備として、クリーンルームを設置した店舗を配備しております。

認知症サポート

クオールグループでは、認知症サポーターの育成に取り組んでいます。クオール薬局の薬剤師や事務スタッフが認知症を正しく理解したうえで、認知症の方や家族を温かく見守る応援者となり、地域において安心して暮らせるまちづくりに参画していきます。

認知症の方、患者さんのご家族、認知症への不安がある方など、地域住民や医療従事者に気軽に利用してもらい、交流を通じて病気の予防や症状の悪化を防ぐことを目的に各地のクオール薬局が主催するカフェをはじめました。